top of page

【ジョージア不動産】インフレ率は年5%超え?ジョージアのインフレ状況


ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

今回は、ジョージアのインフレの現状について解説します。


この記事を読むと

・ジョージアのインフレ状況

・ジョージアの過去25年間のインフレ推移

・ジョージアのインフレを進める追い風

・ジョージアのインフレの今後予測

を知ることができます。


<注意事項>

※この記事は、決して脱税や節税を推進する内容ではありません。

※全てがバーチャルであり、当メディアの見解を述べているだけです。

※税理士に確認を行い、各国のルールに基づき税金は必ず収めましょう。

※上記をご理解いただいた方のみご覧ください。


ジョージアはインフレが継続中
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

ジョージアは今年もインフレが発生しています。


ジョージア国家統計局(Geostat)によると、ジョージアのインフレ率は前年比で12%を超えています。

その前の年も同様でインフレ率は前年比で7%を超えています。

ジョージアは毎年インフレが発生していると言えます。


ジョージアの過去25年間のインフレ推移
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

過去25年において、ほぼ毎年インフレしています。

そのためジョージアは過去25年間において、ほぼ毎年インフレが発生していると言えます。


ジョージアのインフレに追い風が吹いている
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

ジョージア国内の経済活性化がインフレの追い風になっていると考えられます。


昨今のロシア・ウクライナ情勢から回復しており、観光国としての強みが発揮されてきたようです。

ジョージアの経済は、コロナウィルスやロシア・ウクライナ情勢による経済的ダメージから回復しています。


今後もますますのジョージアの経済成長に期待されます。


ジョージアのインフレの今後予測
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

ジョージアは今後もインフレが継続することが予想されます。


ジョージアは過去25年間においてインフレしている国であり、経済成長も進んでいます。

そのためジョージアがインフレしやすい国であることは変わらず、今後もインフレが継続することが予想されます。

それに伴い、ジョージアの移住希望者や不動産購入者に影響を及ぼすことも予想されます。


今後もジョージアのインフレしやすい環境を上手に活用していきたいところです。


まとめ
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

この記事のまとめです。


<まとめ>

・ジョージアは今年も前年比で12%でインフレしています。

・ジョージアは過去25年において、ほぼ毎年インフレしています。

・インフレ率0%未満の年は数回であり、それ以外はインフレ率が基本的に5%~10%です。

・また2000年、2007年、2011年にはインフレ率が15%近くを記録しています。

・さらにジョージア国内の経済活性化がインフレの追い風になっていると考えられます。

・ジョージアの経済成長率は年間5%を超えています。

・また2022年上期をみても、前年比11%超えの成長率です。

・ジョージアは今後もインフレが継続することが予想されます。

Comments


Conntact

社名 GE-LIVING

会社住所 Terminal Khorava 3 Akaki Khorava St, Tbilisi

業種 不動産事業

  • Instagram
  • Twitter

<お問い合わせフォーム>

プロパティ

お問い合わせありがとうございます。お客様のメールアドレス宛にメールが届いております。​

bottom of page