top of page

【ジョージア不動産】コロナ前よりアツい?ジョージア不動産市場の今


ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

今回は、ジョージア不動産市場の現状について解説します。


この記事を読むと

・ジョージア不動産市場の状況

・ジョージア不動産の取引数推移

・ジョージア不動産の価格推移

・ジョージア不動産市場の追い風

・海外投資家の動向

・ジョージア不動産市場の今後予測

を知ることができます。


<注意事項>

※この記事は、決して脱税や節税を推進する内容ではありません。

※全てがバーチャルであり、当メディアの見解を述べているだけです。

※税理士に確認を行い、各国のルールに基づき税金は必ず収めましょう。

※上記をご理解いただいた方のみご覧ください。


ジョージア不動産市場は加熱している
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

ジョージアの不動産市場は加熱しています。

その理由は2つあります。

・不動産の取引数が増えているから。

・不動産の価格が上がっているから。


不動産取引数はコロナウィルス以前と比べて62%高い数字です。

ジョージアの大手銀行(TBC)によると、首都トビリシの不動産取引数は2021年12月に5000を記録しています。

不動産価格も堅調に推移しています。

ジョージア国家統計局(Geostat)によると、2022年の第1四半期に前年比でアパート価格が5.4%上昇、一戸建価格が1.0%上昇しています。


ジョージアの不動産市場はコロナウィルス発生時に甚大なダメージを受けました。

しかし2022/5時点でコロナウィルス以前より加熱した市場になりつつあります。


ジョージア不動産市場に追い風が吹いている
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

昨今のロシア・ウクライナ情勢がジョージア不動産市場の追い風になっています。

先の情勢によって、ジョージアへ避難する外国人が80,000~120,000人増えています。

その結果、ジョージア不動産の家賃の値上げが発生しており、ジョージア不動産市場全体の加熱に繋がっています。


海外投資家もジョージア不動産に注目している
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

海外投資家もジョージア不動産に注目しています。

現地の不動産デベロッパーによると、首都トビリシやサグラモの一部エリアで海外投資家が不動産を所有/内見しています。

ジョージア不動産はニッチな市場ですが、海外投資家もチェックするような不動産が存在します。


ジョージア不動産市場の今後予測
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

ジョージア不動産市場はますます加熱することが予想されます。


ジョージアは毎年インフレしている国であり、不動産価は今後も引き続き上昇していくことが予想されます。

それに伴い、キャピタルゲイン狙いの海外投資家も増えていくことでしょう。

また先のデータ(コロナウィルス以前と比べた不動産の取引数・価格推移)や海外投資家の動向を考慮しても、ジョージア不動産市場にとってプラスな要因です。


今後もジョージア不動産市場のますますの発展が楽しみです。


まとめ
ジョージア移住 | ジョージア移住支援メディア

この記事のまとめです。


<まとめ>

・ジョージアの不動産市場は加熱しています。

・不動産取引数はコロナウィルス以前と比べて62%高い数字です。

・前年比でアパート価格が5.4%上昇、一戸建価格が1.0%上昇しています。

・昨今のロシア・ウクライナ情勢がジョージア不動産市場の追い風になっています。

・ジョージア不動産の家賃の値上げが発生しており、ジョージア不動産市場全体の加熱に繋がっています。

・海外投資家もジョージア不動産に注目しています。

・首都トビリシやサグラモの一部エリアで海外投資家が不動産を所有/内見しています。

・コロナウィルス以前との比較、海外投資家の動向を考慮しても、ジョージア不動産市場はますます加熱することが予想されます。

Comentarios


Conntact

社名 GE-LIVING

会社住所 Terminal Khorava 3 Akaki Khorava St, Tbilisi

業種 不動産事業

  • Instagram
  • Twitter

<お問い合わせフォーム>

プロパティ

お問い合わせありがとうございます。お客様のメールアドレス宛にメールが届いております。​

bottom of page