top of page

ジョージア不動産の将来性(2023年10月)


今回はジョージア不動産の将来性をご紹介します。

これから海外不動産をご検討中の方に役立つ情報となっております。

ジョージアという聞きなれない国で、海外不動産としてどれだけの価値があるのかご紹介します。

宜しければ今回の記事を是非ご活用ください。


目次

ジョージアの成長性

まずは「ジョージア」という国について、簡単ながらご紹介します。

ジョージアは人口400万人にも満たないヨーロッパの小国で、ノマドワーカーが集まる国として物価が安い国でした。

この国は観光業に強く、海外資金を集めるための施策をしています。


そのため今後もジョージアという国の経済成長が非常に期待されるところです。


キャピタルゲインの見込み

先述のGDPとインフレの上昇によって、ジョージアの不動産は全体的に価格が上昇しています。

最近のジョージア不動産の価格上昇とインフレ率の上昇をご確認いただけます。


海外不動産投資をご検討中の方は、ジョージア不動産がキャピタルゲインの期待される不動産であるとお分かりいただけるのではないでしょうか。


外国人の購入しやすさ

他国では外国人が物件や土地を購入する際に、規制を受けるケースがあります。


しかし、ジョージアは不動産購入における規制は未だありません。

ただし今後は他国と同様に規制がかかる可能性もありますので、「今は物件も土地も外国人がスムーズに購入できる時期」と考えております。


不動産の税制

毎年の維持費になる「固定資産税」だけでなく、売却時の「キャピタルゲイン」にも税制が適用されます。

このような税制を活用して、ジョージアで不動産取引を有利に進めることが可能です。


永住権の取得ハードル

ジョージア不動産の特徴として、一定価格の不動産を所有することで「永住権」を取得することができます。

他国では永住権を取得する条件が厳しい傾向がありますが、ジョージアにおいては不動産所有で解決できます。


ジョージアの永住権は「短期居住許可」「投資居住許可」の2種類があります。

大きな違いとしては

・物件価格が安い代わりに、時間をかけて永住権を取得するか

・物件価格が高い代わりに、短時間で永住権を取得するか

といった違いがあります。


まとめ

今回はジョージア不動産の将来性を記事にしました。

現在は不動産の購入規制がなく、キャピタルゲインや税制で海外不動産投資としてメリットを受けることができる状況にあります。

また海外移住先として永住権を取得できるため、ジョージアの不動産は様々な目的に沿うことができます。

Comments


Conntact

社名 GE-LIVING

会社住所 Terminal Khorava 3 Akaki Khorava St, Tbilisi

業種 不動産事業

  • Instagram
  • Twitter

<お問い合わせフォーム>

プロパティ

お問い合わせありがとうございます。お客様のメールアドレス宛にメールが届いております。​

bottom of page